toggle

看取り介護指針


 icon-leaf 四恩園における「看取り介護」の考え方

   特別養護老人ホームで生活するお客様(ご本人、以下お客様)が  どこでどんなふうに人生の最期を迎えるか  ということは「その人らしさ(自分らしさ)を支える」「尊厳を支える」という視点に置いても重要な課題です。

ひまわり写真   四恩園における看取り介護は、特別養護老人ホームで最期を迎えるという限定的な考え方で行われるものではなく、最後まで「自分らしくありたい」というお客様や、ご家族の思いに我々が「心を寄せる」ことを形にする行為です。

 

  そのため看取り介護は、お客様が医師の判断のもと、回復不能な状態に陥ったときに、最期を迎える場所及び治療方法などについてご本人の意思に基づくことを条件とし、さらにご家族の意向を最大限に尊重して行わなければならないものと考えます。

  四恩園においては看取り介護を希望されるお客様、ご家族の支援を最期まで継続することが基本であり、それは日々のケアの延長線上にあるものと考えています。

  四恩園における看取り介護は、お客様やご家族への支援を行いながら、最期はお客様やご家族が  希望する場所で死を迎えること  を意味します。

 

icon-bookmark 看取り介護とは
四恩園における「看取り介護」とは、お客様が人生の終焉を迎えた時に、お客様及びご家族などの意向を尊重したケアを実施することで、安らげる生活の場を提供し、自然な状態なままで残された余命を平穏に過ごしていただくことをいいます。

icon-bookmark 看取り介護の状態とは
お客様が、疾患あるいは障がい、加齢により、自然治癒力の低下が著しくなり、治療による改善の可能性が認められないと医師が判断した場合を看取りの状態と考えます。またお客様及びご家族などがそれ以上の治療や人工的栄養補給などを望まれない時、終末期への移行期と捉え、看取りと考えます。

① 四恩園では施設における看取り介護に関する理念に基づき、日常的に質の高いサービスが提供できるように努めます。 

② 四恩園のお客様は自分らしい最期を迎える権利を有しており、四恩園は可能な限り、お客様の尊厳と安楽を保ち、安らかな死を迎えられるよう全人的ケアを提供するために以下の体制を整備することに努めます。

③ 四恩園は嘱託医師及び協力病院との連携を図り、嘱託医師の指示により管理者中心に他職種協働体制の下でお客様の意思を尊重しながら、お客様とご家族の尊厳を支える看取りに努めます。